*

巨人OB評論家に忖度予想しないでとお願いする高橋監督ですが本当にいいんですか

公開日: : プロ野球

開幕戦一週間前となりましたね.巨人ファン御用達の報知新聞の評論家様はおそらく優勝候補を巨人にするでしょうね.なんたって巨人OBがいっぱいいますからね.それに自分のチームしか足を運んでいなそうですし(笑).流石にいいすぎでしたかね(笑).私も去年の予想を見ていましたが,先発3本柱がそろっている巨人が圧倒的有利とか書いてましたね.その予想は間違っていなかったですがね…

スポンサーリンク

◆高橋監督,流石に今年優勝しないと首では…◆

去年の30億という補強を見たら誰もが巨人が有利だろと感じていましたが,その補強した人が怪我から始まるとはね…今年はホームランのでない打線にゲレーロ選手が加わり,広島に大差をつけられたチーム本塁打をカバーしてくれると信じています.そして,何よりも大きいのが上原選手ですね.オープン戦を見る限り巨人ファンは彼が出てくるだけでも大歓声です.球場の雰囲気が本当によくなりますね.

補強ではありませんが,澤村選手の復活は大きいのではないでしょうか.これでオープン戦5登板で6イニングを投げて1失点(自責0点)で防御率0.00と安定感抜群です.怪我をしてから力を抜いたフォームになり全く力みを感じません.まさに怪我の功名です.力で押すピッチングがチーム打率トップの楽天を圧倒していました.このまま開幕を向かえて欲しいです(願望).

このように今年は去年の補強も加えて戦力が充実しています.若手の選手も台頭してきています.先日開かれた激励会では,親会社トップの渡辺主筆が「どう考えてもホープフル」と躍進に期待を寄せていました.我々ファンも「今年は優勝だ!」という威勢のいい声をあげて応援するでしょう.

去年とは違いオープン戦で勝てていますから「忖度」なんて言わずに素直に喜びましょう!!!周りには常に率直な意見を求める寡黙な高橋監督ですから冷静でいたいのでしょう.しかし,最終契約の最後の年ですから自分の抜擢した選手が活躍して優勝してください.ビジョンも見えれば優勝でなくても続投でしょうが,期待しない方がいいですね.

◆現場がどう思おうが身勝手な予想をする評論家◆

巨人の現場からは毎年この時期になるとOBへの愚痴が聞こえてきます.

「去年のウチは広島に大差をつけられての4位だよ.ファンが期待してくれるのはうれしいけど“優勝確実”とまでなぜ言えるのかね.毎年勝手な予想をするOB評論家が多すぎるよ」

こんな不満が出てくるのもスポーツ紙やテレビで評論家による順位予想が一斉に発表されるからですね.毎年の恒例行事ですね.しかし現場からすれば身勝手な玄人予想こそ迷惑千万です.計36人のプロ野球OB評論家のうち巨人をセ1位に予想したのは約7割の25人だそうです.これが巨人OBに限るとさらに跳ね上がりなんと13人中12人,9割超が古巣優勝を予想したそうです.これで4位では評論家も当てにならないということですね.

毎年「忖度予想」を連発するOB評論家陣に対して今季こそは冷静な目でペナントレースを占うよう呼びかけています.まあ,OBが自分のチームに期待するのは当然だとは思います.まあ,すり寄りで次の監督のときにコーチのポストを用意してもらうために予想しているなら経論家の仕事をして,ここはあなたたちの就活の場じゃないよといいたくなります.

スポンサーリンク
 

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク
原巨人の掲げた「Show The Spirit~和と動」とは?

過去ワーストの5年連続V逸だけは何とか避けたい巨人.監督は3度

巨人の春季キャンプ2019はいつから?日程や見どころを紹介!

野球が恋しい冬の季節ですが,2月からプロ野球12球団で春季キャンプ

坂本勇人の年俸推移からわかる安定した通算成績!巨人最高額も視野に

今年の12月に30歳になる坂本選手ですが,年棒は何と3億5000万

坂本勇人の通算安打数がレジェンド級!2000安打は32歳に達成?

巨人の生え抜きスーパースター坂本勇人選手.実力だけでも野球少年の憧

水野雄仁が巨人の投手コーチに就任!解説時代に培ってきた経験を活かせる?

2001年に退任して以来18年ぶりの巨人の投手コーチに復帰した水野

→もっと見る


  • if394loveです.
    野球に関する情報を随時更新していきます.

  • スポンサーリンク



  • 野球関連の情報をクローズアップしていきます.フォローやDMもお気軽に!!!

PAGE TOP ↑