*

高橋監督のコメントがすでにお通夜、続投は本人のやる気と球団次第

公開日: : プロ野球

球団ワーストタイの4年連続V逸が確定し,自力でのクライマックスシリーズ進出もなくなった巨人.4連敗中でしたが,得意の中日戦で連敗を止め何とか踏みとどまっている状況です.負けた時のコメントが悔しさというよりも諦めている感じなのではないでしょうか?こんなシーズンの過ごし方で続投を要請していいのでしょうか?

スポンサーリンク

◆続投理由◆

7月に就任した巨人の山口オーナーは高橋監督の手腕についてこのように言及しています.

「今春キャンプのまだ始まって間もない頃に,監督は『今年は若い選手を勇気を持って使っていく』という話をしていた.その後いろいろ誤算があってチームの状態が必ずしも望んでいた状態ではないが,その姿勢を貫いてきてくれているところは私としては評価をしています」

具体的には大ブレイクした岡本選手を始め,吉川尚選手,重信選手を積極的に起用し,若手選手を育成したことを高く評価しているそうです.確かに去年の巨人にはない起用法でワクワクする選手が出てきたなという印象ではあります.外野手は長野,陽,ゲレーロ選手で固定するものだと思いましたからね.

続投の希望をこのように重ね重ねコメントしています.

「まだペナントレース途中だから,この先のことはあれこれ言える時期ではないけれども,十分にチームを整えて監督には腕を振るってもらいたい」

シーズンの途中なので高橋監督とは来季についての話はしていないのでしょう.しかし,優勝争いに絡めていないこの現状でも,続投方針を決めたのには2つほど理由がありそうです.

1つ目は2019年の次期監督候補が決まっていないことです.巨人OBに監督候補を狭めた場合,頼めるOBがいないのではないでしょうか?名前が上がる最有力候補が原元監督,松井氏,DeNAの監督を務めた中畑氏です.この3名は間違いなく監督にはならなそうです.

2つ目は高橋監督を監督にさせた経緯です.野球賭博問題により球界を激震させる事件が起きました.そのスケープゴートとして高橋選手を無理やり引退させ監督にさせてしまいました.巨人終身名誉監督の長嶋氏に後押しされたら引き受けるしかありませんよね.

この続投要請を一番喜んでいるのは他球団のファンなのではないでしょうか?

スポンサーリンク

◆コメントが寂しい◆

続投方針が決まった直後,クライマックス進出には連勝が欠かせませんでしたが,まさかの4連敗.非常にコメントが寂しいです.

「それは現実ですからね」(優勝を逃したことについて)

「今日で全てが終わるわけではないですから」(自力CS進出の可能性消滅)

少しは悔しいとか3年連続で優勝を逃してファンに申し訳ないなどのコメントを残せないのでしょうか?毎年優勝を予想している野球評論家(巨人OB)の皆様もガッカリなのではないでしょうか?このコメントを残している時は続投要請されても自ら辞任するのではないでしょうか?

◆まとめ◆

3年で結果がでなければ,ONでさえ首になるのが巨人の伝統です.その伝統を壊して高橋監督に期待できるほど光るものはないと思います.もし,続投させるのなら球団がどこまで監督を説得させられるかが鍵になりそうです.

本記事の関連記事は下のリンクからご覧いただけます.

巨人最下位の危機だが首脳陣は無策のまま!ベンチで腕を組んで静観

高橋監督の解任は2018年シーズン途中にありそうだ

高橋監督の采配ミスだと思う戦術・戦略をいくつか挙げてみた

巨人が最下位になっても高橋監督を解任させない理由!球団の体質が原因

スポンサーリンク
 

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク
原巨人の掲げた「Show The Spirit~和と動」とは?

過去ワーストの5年連続V逸だけは何とか避けたい巨人.監督は3度

巨人の春季キャンプ2019はいつから?日程や見どころを紹介!

野球が恋しい冬の季節ですが,2月からプロ野球12球団で春季キャンプ

坂本勇人の年俸推移からわかる安定した通算成績!巨人最高額も視野に

今年の12月に30歳になる坂本選手ですが,年棒は何と3億5000万

坂本勇人の通算安打数がレジェンド級!2000安打は32歳に達成?

巨人の生え抜きスーパースター坂本勇人選手.実力だけでも野球少年の憧

水野雄仁が巨人の投手コーチに就任!解説時代に培ってきた経験を活かせる?

2001年に退任して以来18年ぶりの巨人の投手コーチに復帰した水野

→もっと見る


  • if394loveです.
    野球に関する情報を随時更新していきます.

  • スポンサーリンク



PAGE TOP ↑