*

高橋監督は陽岱鋼が嫌い?肝心な時にリクエストしない

公開日: : プロ野球

今年から導入されたリクエストですが,監督によって成功率が異なります.高い監督だと半分以上成功していますが,低い監督はからっきしダメです.その代表といえるのが巨人の高橋監督です.今日の試合でも追加点を上げる重要な場面がありましたが,なんとリクエストせずに試合を進めてしまいました.選手思いな監督なら間違いなく使ってたと思います.

スポンサーリンク

◆リクエストしないの?◆

解説の松中さんが広い1,2塁間を狙って右方向の打球を飛ばすべきだとおっしゃっていました.結果は鈍つまりの当たりでしたが,あらかじめ2塁方向に寄っていたのでセカンドの高田選手も追いつくのに必死でした.

問題のシーンがこちらになります.

巨人ファンの私からしたらどちらともいえない判定でした.1塁コーチの井端コーチがセーフのジャスチャーをせずベンチに引き下がっていったのでアウトなんだなと思いました.しかし,陽選手は必死の表情でしたのでリクエストするのかなと思いました.

やはり選手をかばってあげるというのも監督の仕事かと思います.選手があんなに自信があるならリクエストするべきです.日本ハムの栗山監督は大田選手がデットボールをアピールしているのにもかかわらずボールの判定をされて猛抗議していました.その様子を見て栗山監督はすかさずリクエストを要求しました.結果は覆り,死球となりました.

判定の有無にかかわらず,チャンスが残っているならばリクエストをするべきです.そうしたら選手も納得するはずです.疑念が残らず,後のプレーに影響が出ないはずです.問題のシーンは写真だとこんな感じになります.

ビデオ判定すればセーフでしたね.一塁の中村選手はセーフだと確信してホームベースを見て1塁ベースを離れていました.アウトだと思っているのならそのままダグアウトに戻るはずですよね.こういう所も見ていかないと巨人の首脳陣も大事な場面で足元を見られますよ.

スポンサーリンク

◆高橋監督のリクエスト成功率◆

少し前のデータですが,各球団のリクエスト成功率はこちらです.

1か月前の成功率はなんと10%でした.今はもっと下がって1桁台です…誰がどう見てもアウトの場面で無駄なリクエストを要求している場面が多い印象です.

リクエスト成功率を晒されてリクエストにトラウマを持った可能性がありますね.ここまでくるとイップスといわれてもおかしくないですね(笑)

井端コーチがあまりアピールしていなかったのがリクエストしなかった要因でしょうか?こういう采配が目立つと首脳陣が本当に無能と言われてしまいますね.本日の試合はこのシーン以外も攻撃でのミスが目立ちましたからね.

関連記事

巨人最下位の危機だが首脳陣は無策のまま!ベンチで腕を組んで静観
高橋監督の解任は2018年シーズン途中にありそうだ
村田ヘッドが無能すぎて高橋監督の解任が早まってしまうか?
高橋監督の采配ミスだと思う戦術・戦略をいくつか挙げてみた
巨人が最下位になっても高橋監督を解任させない理由!球団の体質が原因

◆まとめ◆

今日は主力の選手たちが奮起して勝ちましたが,選手の状態がいい時に勝てるのは当たり前です.打率ランキング上位に3選手いるチームなら当然です.しかし,借金を抱えているチーム状況です.もう少しベンチ首脳陣が鼓舞していかないといけないのではないでしょうか?

スポンサーリンク
 

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク
原巨人の掲げた「Show The Spirit~和と動」とは?

過去ワーストの5年連続V逸だけは何とか避けたい巨人.監督は3度

巨人の春季キャンプ2019はいつから?日程や見どころを紹介!

野球が恋しい冬の季節ですが,2月からプロ野球12球団で春季キャンプ

坂本勇人の年俸推移からわかる安定した通算成績!巨人最高額も視野に

今年の12月に30歳になる坂本選手ですが,年棒は何と3億5000万

坂本勇人の通算安打数がレジェンド級!2000安打は32歳に達成?

巨人の生え抜きスーパースター坂本勇人選手.実力だけでも野球少年の憧

水野雄仁が巨人の投手コーチに就任!解説時代に培ってきた経験を活かせる?

2001年に退任して以来18年ぶりの巨人の投手コーチに復帰した水野

→もっと見る


  • if394loveです.
    野球に関する情報を随時更新していきます.

  • スポンサーリンク



  • 野球関連の情報をクローズアップしていきます.フォローやDMもお気軽に!!!

PAGE TOP ↑