*

2戦連発の岡本和真選手だけれどレギュラーの道のりは長い…

公開日: : プロ野球

巨人からしたら坂本選手以来の若手選手がそろそろ出てきてほしいと思うのではないでしょうか.巨人という球団は特に野手が育たないですよね(笑).常勝軍団を掲げる巨人としたら勝利こそが第一課題なわけですね.育成はそれを伴わないといけません.育成と勝利の両立ができた広島カープですらシーズン2連覇するまでは25年間優勝はなかったわけです.両方を実践するには時間がかかりますね.

スポンサーリンク

◆昨季は今年こそはと期待していたが…◆

現時点でオープン戦チーム三冠の岡本選手でしたが,去年の成績を振り返ることにしましょう.
19試合に出場.打率.241・14安打・2本塁打・4打点・OPS.676
ん~.何とも言えないというか,これで開幕一軍スタメンだったのかってなりますよね(笑).オープン戦に調子のいい外国人がシーズンに入ったらさっぱりというのはよく聞くんですけど,岡本選手の売りであるホームラン(長打力)で結果を残したというわけではないんですね.期待のできるようなバッティングだったのでしょうか…

調べてみるとどうやら去年も5試合目までは調子が良かったようです.しかし,途中で打てなくなり,オープン戦の最後の2,3試合で帳尻を合わした用です.そのサマリーを見ていきましょう.

1~5試合目
打率.467・7安打・1本塁打・2打点・OPS1.263
6~16試合
打率.083・3安打・0本塁打・0打点・OPS0.258
17~19試合
打率.571・4安打・1本塁打・2打点・OPS1.714

始まり,終わり良ければ総て良しということだったのでしょう.絶好調の調子に首脳陣はかけたのでしょう.確かに間の10試合を無視したらとんでもない成績ですものね.

結局4月中に出場登録抹消となりました.この時までに12試合に出場し打率.227という期待とは程遠い成績となりました.オープン戦見ていた巨人ファンからしたらやっぱりかってなりますよね.悪い時の岡本選手でした.そしてレフトの守備が本当に危なっかしかったですよね.いくらコンバート直後とはいえ,普通のレフトフライでダイビングキャッチした場面とかもありましたよね…

スポンサーリンク

◆今季こそはと期待していいのか◆

ここまでのオープン戦の成績を見てみましょう.

5試合に出場.打率.375・6安打・2本塁打・6打点・OPS1.257

特に2戦連発のホームランはファーストストライクを狙っていってのバッティングでした.初球ストライクを見逃しピッチャーに有利なカウントに持っていかれることが多かったですが,見逃さずにたたけました.確かに相手に有利なカウントから粘ってファールにしフォアボールを取るという野球もありますが,岡本選手に与えられているのは長打です.

原前監督もおっしゃっていましたが,岡本選手はおとなしい過ぎます.どういうアプローチで打席に入っているのかを考えているのでしょうか.ボーっとしてますよね(笑)

どんなに一流の打者でも10回中7回は凡退してしまうのです.凡退の方が多いわけですからそれを経験に積み重ねるのが打者としての成績に関わってくるのではないでしょうか?

私は岡本選手が初球からフルスイングするバッティングを見たいですね.村田選手の背番号25を受け継いだのでそのくらいの活躍はしてください.今年で4年目のシーズンで同い年の即戦力が入ってきます.今年で結果を出さないと飲まれるという覚悟で頑張ってほしいです.

スポンサーリンク
 

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク
原巨人の掲げた「Show The Spirit~和と動」とは?

過去ワーストの5年連続V逸だけは何とか避けたい巨人.監督は3度

巨人の春季キャンプ2019はいつから?日程や見どころを紹介!

野球が恋しい冬の季節ですが,2月からプロ野球12球団で春季キャンプ

坂本勇人の年俸推移からわかる安定した通算成績!巨人最高額も視野に

今年の12月に30歳になる坂本選手ですが,年棒は何と3億5000万

坂本勇人の通算安打数がレジェンド級!2000安打は32歳に達成?

巨人の生え抜きスーパースター坂本勇人選手.実力だけでも野球少年の憧

水野雄仁が巨人の投手コーチに就任!解説時代に培ってきた経験を活かせる?

2001年に退任して以来18年ぶりの巨人の投手コーチに復帰した水野

→もっと見る


  • if394loveです.
    野球に関する情報を随時更新していきます.

  • スポンサーリンク



PAGE TOP ↑