*

巨人のオープン戦の結果!2017年度の野手の成績をまとめてみた

公開日: : プロ野球

今年の巨人のオープン戦の結果は非常に良好です.この調子に向けてシーズンを迎えて欲しいですね.新たに獲得したゲレーロも開幕戦からかっ飛ばしてほしいですね.僅少さで勝つことが多い巨人にとってはホームラン1本の差で勝つことなんて珍しいことではないですからね.

スポンサーリンク

◆野手個人成績◆

去年の開幕のスタメンを見ていきましょう.

1.中井(二)
2.立岡(中)
3.坂本(遊)
4.阿部(一)
5.マギー(三)
6.長野(右)
7.岡本(左)
8.小林(捕)

坂本選手はWBCに出場していたのでもちろんオープン戦なんて出ていません.それにオープン戦で調整しなくてもレギュラー確保できる選手ですからね.心配ありません.小林選手もWBCに出場していましたが,そのWBCの舞台で輝いた選手ですね.これで高橋監督も評価が変わりましたね.巨人のオープン戦は宇佐美慎吾選手,河野元貴選手がかぶっていましたけどね.結果残せていなかったようなので.坂本選手,小林選手の二人は順当かと思います.

では,他の選手のオープン戦の成績を見ていきましょう.

中井大介選手
6試合21打数8安打打率.381

中井選手はオープン戦で結果を残し開幕スタメンの座を手に入れたという印象ですね.長年二塁が固定できていなかったわけですから今年こそはと巨人ファンは思ったはずです.結果はいうまでもありませんでしたが…巨人のホームラン10000本目おめでとうございます(祝).

立岡宗一郎選手
14試合49打数15安打打率.306
陽岱鋼が怪我で出遅れたので外野手の競争が例年と同じくらいでしたかね.この打率ならば当確が出てもおかしくありませんね.

阿部慎之助選手
15試合33打数6安打1本塁打打点5打率.182

スポンサーリンク

開幕からホームラン連発して一時期年間本塁打ペースが凄かったですよね(笑).結局残りの試合は4月の倍ぐらいホームランしか打てませんでしたが…開幕から絶好調だからどれほどの成績を残しているかと思ったらそうでもなかったんですね.野球は本当にわからない.

マギー選手
19試合54打数8安打打点3打率.148
この選手はフロントが獲得した選手ですから現場はそれに従うしかありませんでしたね.一方ライバルの村田選手がこの成績でしたからスタメンは順当な所でしたか.本来ならば村田選手もオープン戦の成績なんて関係なくスタメンだとは思いますが.仕方ないですね.ポジションが1つしかないですから.

村田修一選手
18試合47打数6安打2本塁打打点6打率.128

長野久義選手
17試合53打数11安打1本塁打打点4打率.208

近年成績が落ちてきたとはいえレギュラー貼っている選手ですからね.今年は分かりませんが…オープン戦は調整の場と意識していたのでしょうか.

岡本和真選手
19試合58打数14安打2本塁打打点4打率.241
こちらで岡本選手の記事を個別にまとめました.

簡単に言うと滑り込みでしょうか.他の選手を挙げていきたいのですが,そもそも3割超えているのが中井選手と立岡選手だけで,ホームラン2本以上打っているのが岡本選手と村田選手だけで…それはオープン戦最下位になりますね.去年のスタメンを見ると野手に関しては渋々選んだという印象でしょうか.これは高橋監督も悩みますわな.若手で使えるのいないですよ.一か八かで岡本選手を試してみたという感じですかね.

スポンサーリンク
 

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク
原巨人の掲げた「Show The Spirit~和と動」とは?

過去ワーストの5年連続V逸だけは何とか避けたい巨人.監督は3度

巨人の春季キャンプ2019はいつから?日程や見どころを紹介!

野球が恋しい冬の季節ですが,2月からプロ野球12球団で春季キャンプ

坂本勇人の年俸推移からわかる安定した通算成績!巨人最高額も視野に

今年の12月に30歳になる坂本選手ですが,年棒は何と3億5000万

坂本勇人の通算安打数がレジェンド級!2000安打は32歳に達成?

巨人の生え抜きスーパースター坂本勇人選手.実力だけでも野球少年の憧

水野雄仁が巨人の投手コーチに就任!解説時代に培ってきた経験を活かせる?

2001年に退任して以来18年ぶりの巨人の投手コーチに復帰した水野

→もっと見る


  • if394loveです.
    野球に関する情報を随時更新していきます.

  • スポンサーリンク



PAGE TOP ↑