*

ゴールデングラブ賞は優勝したカープや西武に投票が集まる?

公開日: : プロ野球

ゴールデングラブ賞は基準を満たした選手の中から記者が投票します.印象に残る選手が選ばれやすいのは間違いないと思います.そうなるとリーグ優勝に導いたカープや西武の選手に票が集まる傾向なのか気になりますね.今回は過去のゴールデングラブ賞受賞者と優勝チームとの関係を調べてみました.

スポンサーリンク

◆選考基準があいまい◆

ゴールデングラブ賞は最も守備の優れた選手に贈られる賞なのですが,選手の守備力を評価するのは非常に難しいです.守備範囲の広さ,肩の強さ,捕球の正確さ,打球の予測力などを数値化するのは容易なことではありません.

高性能カメラの普及で,メジャーでは選手やボールの動きを高速・高精度に分析するスタットキャストが導入されました.守備面では始動時間(最初の一歩),打球を追う速度,打球を追う走路,送球速度,捕球から送球までの時間が数値化されるようになり守備指標が確立されてきました.

一方,日本では費用面の部分でこれらの機器を導入できていません.球団独自にデータを収集することはありますが,公式記録として公表されることはありません.5年以上野球に関わっている記者でも判断材料になるのがNPBの公式記録,取材経験によるものなのです.

なので,ゴールデングラブ賞は最も守備に卓越した選手が受賞できていないのではないかという指摘がしばしばなされ,議論あるいは批判の対象になっています.投票する記者の主観や先入観が重視され,チーム成績,打撃成績,知名度,人気,過去の印象といった純粋な守備力以外の要素が反映されているのではないかという懸念が持たれています.

去年のセ・リーグ三塁手部門は鳥谷敬選手が受賞しましたが,近年に広まりだした守備指数UZRが下から数えて4番目という記録でした.一方,DeNAの宮崎敏郎選手はUZR10.6という非常に優秀な数字に加え,捕殺,守備率はリーグトップの成績にもかかわらず受賞にはいたりませんでした.二人の数字を改めて比較しましょう.

鳥谷敬
試合 138 刺殺 80 捕殺 190 エラー 9 併殺 10 守備率 .968 UZR -13.4

宮崎敏郎
試合 130(119) 刺殺 49 捕殺 209 エラー 8 併殺 18 守備率 .970 UZR 10.6

三塁手として試合に多く出場しているとしても捕殺の数や守備率,UZRで負けています.横浜ファンの方は納得いかなかったのではないでしょうか?知名度,人気,過去の印象といった純粋な守備力以外の要素が反映されていると言わざるを得ません.

スポンサーリンク

◆優勝チームは強い?◆

ここ十年の優勝チームおよび受賞者人数です.

セ・リーグ

2017年 広島 3
2016年 広島 4
2015年 ヤクルト 3
2014年 巨人 2
2013年 巨人 4
2012年 巨人 1
2011年 中日 3
2010年 中日 0
2009年 巨人 3
2008年 巨人 2

パ・リーグ

2017年 ソフトB 4
2016年 日本ハム 3
2015年 ソフトB 3
2014年 ソフトB 3
2013年 楽天 3
2012年 日本ハム 4
2011年 ソフトB 4
2010年 ソフトB 1
2009年 日本ハム 7
2008年 西武 2

2009年の日本ハム7人や2010年の中日0人は極端ではありますが,例年通りなら3,4人が選ばれるという感じでしょうか?ただ,今年の西武は類を見ない打撃成績でしたので,純粋な守備力以外の要素が反映されているとしたら多くの選手が受賞する可能性は高いかと思います.一方,広島は主力選手がシーズン中に離脱しており,1年間レギュラーだった選手が少ないので,受賞人数が少ない可能性があります.

◆やはり人気・知名度か?◆

優勝チームに偏っているわけではないということがわかりました.となると先程の例のように人気選手や過去の印象が強い選手が選ばれやすい傾向にあるようです.

下記は選考結果に疑問が投げかけられたケースです.

・2005年 パ・リーグ 外野手部門

負傷の影響から106試合の出場に留まったSHINJO選手(北海道日本ハムファイターズ)が外野手部門に選出され,「今年の俺のゴールデングラブ賞はおかしい.1年間この賞を心の中で目指して取り組んでいた選手に申し訳ない.」などとコメントしました.

・1972年 セ・リーグ 三塁手部門

知名度・人気で圧倒的に勝る長嶋茂雄選手(巨人)が受賞しましたが,関係者の間ではメジャー・リーグでゴールドグラブ賞受賞経験(1969年)のあるクリート・ボイヤー選手(大洋)の守備力が評価されていいました.

1973年は長嶋選手・ボイヤー選手の同時受賞,1974年はボイヤー選手の単独受賞でした.

◆まとめ◆

野球に携わっている期間が長いといえど記者も人間ですからね.思い入れのあるチームや選手に投票してしまうこともあるかと思います.全員の納得のいくゴールデングラブ賞となるにはメジャーのようにあらゆるデータを数値化していくしかないように感じますね.
本記事の関連記事は下のリンクからご覧いただけます.

ゴールデングラブ賞2018を予想!守備指標UZRが鍵になる?

ゴールデングラブ賞に選考基準がある?発表はいつ?条件や決め方をおさらい

スポンサーリンク
 

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサーリンク
原巨人の掲げた「Show The Spirit~和と動」とは?

過去ワーストの5年連続V逸だけは何とか避けたい巨人.監督は3度

巨人の春季キャンプ2019はいつから?日程や見どころを紹介!

野球が恋しい冬の季節ですが,2月からプロ野球12球団で春季キャンプ

坂本勇人の年俸推移からわかる安定した通算成績!巨人最高額も視野に

今年の12月に30歳になる坂本選手ですが,年棒は何と3億5000万

坂本勇人の通算安打数がレジェンド級!2000安打は32歳に達成?

巨人の生え抜きスーパースター坂本勇人選手.実力だけでも野球少年の憧

水野雄仁が巨人の投手コーチに就任!解説時代に培ってきた経験を活かせる?

2001年に退任して以来18年ぶりの巨人の投手コーチに復帰した水野

→もっと見る


  • if394loveです.
    野球に関する情報を随時更新していきます.

  • スポンサーリンク



PAGE TOP ↑