*

「 月別アーカイブ:2018年10月 」 一覧

原巨人の補強ポイントはセットアッパー・抑え!FAや外国人を調査

2018/10/16 | プロ野球

今シーズンは打高投低でしたね.得点が多く入りますから球場にいる野球ファンの方は盛り上がったかと思います.その影響でどのチームも投手起用に泣かされたシーズンでした.巨人だと開幕前に最強の勝利の方程式

続きを見る

原巨人の補強を予想!2019シーズンへの第一弾は広島丸か?

2018/10/15 | プロ野球

高橋監督自ら辞意を表明し,後任は原監督で決定しました.これで3度目の監督就任となります.欲しい選手はどんな手段を使ってでも手に入れるのが原監督のやり方です.2007年オフにグライシンガーとラミレス

続きを見る

巨人菅野CS史上初のノーノー!上原のインタビューを超えた!

2018/10/14 | プロ野球

数々の選手が海へ渡りメジャーに挑戦しているほど日本の投手レベルは高いですが,その頂点に君臨するのが日本の菅野智之選手なのではないでしょうか?CSで史上初のノーヒット・ノーランを達成しました!!!短

続きを見る

巨人岡本和真はベストナインに選出されるか?鍵は史上最年少記録!

2018/10/14 | プロ野球

最終戦で2打席連発のホームランを放ち,史上最年少で3割30本100打点を達成しました.チームのクライマックスシリーズ進出に大きく貢献しました.巨人で唯一143試合出場も果たしましたからベストナイン

続きを見る

ナ・リーグ新人王争い!アクーニャJrとフアン・ソト、どちらの手に?

2018/10/13 | メジャー

大谷選手のいるア・リーグ新人王争いが話題沸騰中ですが,ナ・リーグの方も激化しています.新人王候補のアクーニャJr選手とフアン・ソト選手ですが,どちらの似たような成績なのです.年齢も1つしか違いがあ

続きを見る

アンドゥハーの守備はMLB最低レベルらしい!新人王に影響する?

2018/10/11 | メジャー

大谷翔平選手が新人王獲得するかという議論になる時に登場するがいます.その選手がヤンキース所属のミゲル・アンドゥハー選手です.1995年3月2日生まれですので,日本では大谷選手と同学年になります.ア

続きを見る

ベストナインとゴールデングラブ賞は人気投票でない?違いはある?

2018/10/10 | プロ野球

ベストナイン,ゴールデングラブ賞はともに日本プロ野球の代表的な選手表彰です.両リーグで各ポジションにつき1人しか選ばれません.選ばれた選手はその年を代表する選手なわけです.今回は今さら聞けないベス

続きを見る

岡本和真史上最年少3割30本100打点を達成!最終戦で2打席連発!

2018/10/09 | プロ野球

巨人のスーパースターである松井秀喜さんでも王貞治さんでも超えられることのできなかった壁を岡本和真選手が達成しました!本日の最終打席であろう打席でホームランでしか達成できない状況でやり遂げるのは素晴

続きを見る

ベストナイン2018を予想!気になる発表はいつ?基準や決め方をおさらい

2018/10/08 | プロ野球

シーズンが終了したら,クライマックスシリーズでどのチームが勝ちあがっていくのか注目されますが,クライマックスに進まなかったチームのファンはベストナインが気になるのではないでしょうか?今回は20

続きを見る

巨人川相昌弘2軍監督の退団で原辰徳の監督復帰は決定的か

2018/10/07 | プロ野球

2軍の3年連続リーグ制覇に大きく貢献した川相2軍監督ですが,なんと退団することになりました.1軍と密な連係を取って積極的に入れ替えを行い,今年ブレイクしたメルセデス,アダメス,マルティネス選手

続きを見る

スポンサーリンク
坂本勇人の年俸推移からわかる安定した通算成績!巨人最高額も視野に

今年の12月に30歳になる坂本選手ですが,年棒は何と3億5000万

坂本勇人の通算安打数がレジェンド級!2000安打は32歳に達成?

巨人の生え抜きスーパースター坂本勇人選手.実力だけでも野球少年の憧

水野雄仁が巨人の投手コーチに就任!解説時代に培ってきた経験を活かせる?

2001年に退任して以来18年ぶりの巨人の投手コーチに復帰した水野

2018年ゴールデングラブ賞発表!投票内訳や初受賞者に世論の声は?

2018年のゴールデングラブ賞が発表されましたね.記者投票なので,

2018年の新人王は誰に輝く?メジャー両リーグとも歴史的大接戦!

メジャーリーグの新人王争いが非常に激しいです.投票はポストシーズン

→もっと見る


  • if394loveです.
    野球に関する情報を随時更新していきます.

  • スポンサーリンク



PAGE TOP ↑