*

「 月別アーカイブ:2018年09月 」 一覧

2018年沢村賞を予想!本命はやはり菅野、基準はいくつ満たしている?

2018/09/30 | プロ野球

今年の沢村賞は不作で,久しぶりの該当者なしかと思われましたが,シーズンの終盤で追い上げた選手もいて候補が絞られてきました.現時点で防御率がトップの菅野智之選手,最多勝の大瀬良大地選手の2選手に絞ら

続きを見る

日米野球2018の広島マツダのチケットが人気過ぎて瞬殺の完売

2018/09/29 | プロ野球

広島マツダスタジアムはチケットが取れないことで非常に有名です.開幕前にほとんどの日程の本拠地ホーム側の座席が埋まってしまうほどです.3連覇中で打線が活発なら球場に足を運びたいと思うのは当然のことで

続きを見る

日米野球2018の日程をご紹介!開催地やテレビ中継はどこ?

2018/09/25 | プロ野球

4年ぶりの日米野球です.野球ファンならば有給を取ってでも球場に行きたいという人や,家やパブリックビューイングで観戦を楽しみたいと感じる人が多いはずです.そのためにはいつなのかを知っておく必要があり

続きを見る

日米野球2018のエキシビジョンゲームが今の巨人なのはどうなの?

2018/09/24 | プロ野球

大きなお祭りの前に前座があるのは当然のことです.日米野球は1週間も行われるビックイベントです.野球でエキシビションマッチを行うのであるならば日本のプロ野球球団と試合を行うのは理解できますが,その相

続きを見る

日米野球2018に大谷出場は困難?右肘靭帯損傷で休養に専念?

2018/09/24 | プロ野球

日米野球は日本の代表とMLB代表のガチンコ勝負です.新人王及びシルバースラッガー賞の候補に選ばれた大谷選手がMLB代表として凱旋するのもおかしいことではありません.しかし,9月に右肘靭帯損傷が見つ

続きを見る

日米野球2018のアメリカメンバーが豪華!来日して欲しい

2018/09/23 | プロ野球

4年ぶりに開催の日米野球ですね.有料テレビやインターネット中継のおかげで以前よりもメジャーリーグを見れることが増えましたが,野球ファンなら生で観戦したいと思うはずです.その機会が11月に訪れるので

続きを見る

高橋監督のコメントがすでにお通夜、続投は本人のやる気と球団次第

2018/09/17 | プロ野球

球団ワーストタイの4年連続V逸が確定し,自力でのクライマックスシリーズ進出もなくなった巨人.4連敗中でしたが,得意の中日戦で連敗を止め何とか踏みとどまっている状況です.負けた時のコメントが悔しさと

続きを見る

岡本和真、坂本勇人がいても勝てない巨人、チーム成績に結びつけるには?

2018/09/16 | プロ野球

岡本,坂本選手という間違いないなく日本代表レベルの選手を擁しながら,9月15日現在借金7の3位に低迷している巨人です.最下位阪神とのゲーム差はわずか1.5.2位ヤクルトとのゲーム差は5.残り試合及

続きを見る

村田真一がヘッドコーチを辞任したら選手は切り替えられるのか?

2018/09/16 | プロ野球

高橋監督の続投要請の報道からチームは波に乗れていません.V逸はもちろん自力CSすら消滅してしまいました.それどころか1975年の長嶋監督以来の最下位も見えてきました.村田ヘッドコーチは切り替えて3

続きを見る

巨人岡本和真がプロ野球史上最年少記録100打点を達成するには?

2018/09/06 | プロ野球

高卒4年目にして覚醒した岡本和真選手です.9月6日現在,打点91と開幕前の成績を遥かに超える成績を残しています.残りの試合数が18試合ですので,2試合に1点稼げれば大台の100打点となります.

続きを見る

スポンサーリンク
坂本勇人の年俸推移からわかる安定した通算成績!巨人最高額も視野に

今年の12月に30歳になる坂本選手ですが,年棒は何と3億5000万

坂本勇人の通算安打数がレジェンド級!2000安打は32歳に達成?

巨人の生え抜きスーパースター坂本勇人選手.実力だけでも野球少年の憧

水野雄仁が巨人の投手コーチに就任!解説時代に培ってきた経験を活かせる?

2001年に退任して以来18年ぶりの巨人の投手コーチに復帰した水野

2018年ゴールデングラブ賞発表!投票内訳や初受賞者に世論の声は?

2018年のゴールデングラブ賞が発表されましたね.記者投票なので,

2018年の新人王は誰に輝く?メジャー両リーグとも歴史的大接戦!

メジャーリーグの新人王争いが非常に激しいです.投票はポストシーズン

→もっと見る


  • if394loveです.
    野球に関する情報を随時更新していきます.

  • スポンサーリンク



PAGE TOP ↑